ネットワークから信号を取り出す方法はいろいろありますが、タップの特徴を教えてほしい。

以下の簡単な比較表をご覧ください。
ネットオプティクスのタップとその他の簡単な比較
取得方法 エラーパケット パフォーマンス 全二重通信 パケット送出 受信ポート数
タップ 対応 ラインレート 不可 2(注)
アグリゲータ タップ 対応 ラインレート(注)
ミラーポート 不可 機器に依存 不可
リピータ ハブ 不可 半二重通信まで X
(注) アグリゲータ タップはバッファを持ち、短時間のバーストにはバッファにパケットを保持して対応します。
(注) 「受信ポート数」は接続された監視機器などの装置がタップを介して全二重通信双方向からの分岐信号を受ける為に必要な通信ポートの数(=NICの枚数)です。
スイッチングネットワークが主流になっている現在、安全、確実にネットワークからの信号を取り出す事が出来るのがNetOpticsのTAP装置です。またアナライザ等で測定したいエラーフレームもそのまま分岐されます。